湯沸かし器

給湯器の種類

給湯器

ガス給湯器は機能によって分類が分けられており、いろんな種類があります。おいだきなどの機能が付いているほど、費用はかかります。集合住宅に住んでいる方には、工事不要のタイプがおすすめです。床を湯で温める暖房機能の温水暖房は、寒い時の快適な室内や温冷差事故予防のためになります。

詳しく読む

修理が必要になったら

作業スタッフ

修理より取り換え

いきなり使えなくなると困るのが給湯機です。食器を洗ったりお風呂を沸かすのに欠かせない設備だけに、調子が悪くなると生活に支障をきたしてしまうことも。たとえば点火できなくなったり、温度がコントロールできなくなったら修理より交換する時期にきているといえます。またガス給湯機で点火するたびにガスの臭いがするようになったら、これも安全面を考えて給湯器を丸ごと交換するべき時期にきているといえるでしょう。こんな交換のサインが出ているのにそのまま使い続けても、不便な思いをするだけでなにもいいことはありません。それよりも最新式の給湯器に交換すれば、使いやすさだけでなくエコロジーや節約の観点からもメリットが受けられます。

最新の給湯システムの利点

給湯器は、新しければ新しいほど性能も向上しています。長く旧式の給湯器を使ってきた過程ほど、それを実感できるでしょう。しかも最新型は、使いやすさからいっても旧式を遥かに上回ります。いままで使っていた物に慣れているので変えたくないという場合でも、試してみる必要はあるはずです。リモコンやタイマーなど、使い慣れてしまえば手放しがたい便利さを感じるでしょう。また新しい型の機械なら、エラーメッセージで修理が必要な箇所や不調のある部分を特定可能です。エラーは公式サイトで確認できますので、修理屋さんを呼ぶ前にまずチェックしておきましょう。これがあるだけで、修理の時間と手間がぐっと省けます。さらに最新式の給湯器に交換することにより、燃料代もかなり節約できるようになるはずです。月々の燃料費が高いを感じている家庭なら、給湯器交換でかなりの恩恵を得られることが考えられます。

修理と交換の分かれ目

給湯器

給湯器は自分で修理するには危険が伴いますので、資格を持ったメーカー担当者や修理業者に修理を依頼しましょう。ただし故障次第では交換した方が良い場合もあるので、修理専門業者でまず無料の見積もりをしてもらうことをおすすめします。

詳しく読む

故障の際は修理業者へ

作業員

自宅に設置されている給湯器が壊れた場合は、給湯器メーカーかメーカーの下請け業者に依頼して直すことになります。給湯器が壊れた場合に悩むのが修理がいいのか交換がいいのかですが、大体使用年数10年前後を目安に考えるといいでしょう。

詳しく読む