修理と交換の分かれ目|給湯器は交換するのが常識|寒い季節を乗り切る法則
風呂

修理と交換の分かれ目

給湯器

壊れたけどどうしよう

自宅の給湯器が故障してしまったら、修理しますか、交換しますか。給湯器は一般的に資格を持った作業員が取り扱わなくてはならない機械なので、自分で修理するのは避けるべきです。ガスにして電気にしても取り扱いを間違えると最悪死んでしまいます。故障した給湯器がメーカー補償を受けられるのであれば、必ずメーカーへ連絡しましょう。そうすれば担当者が修理にしろ交換にしろ適切に対処してくれるはずです。問題は保証期間が過ぎてしまった場合ですが、やはり確実なのはメーカーへの修理依頼です。修理するには部品が必要になりますが、確実に部品を持っているのはメーカーだからです。ただし10年を超えて使用していた場合はメーカーにも部品が無くなっている可能性が高いので、修理より買い替えの方が良いと言えます。

修理の専門業者

故障によっては、メーカーを呼ばなくても済むものもあります。ホースやパッキングの劣化や金具のガタつき、配線部分の断線など特殊な部品を必要としない場合は、修理の専門業者の方が安く済むことがあります。一つの方法として、まず給湯器修理の専門業者に修理の見積もりを出してもらいましょう。見積もりまでは無料という業者も多いのでまずは故障の状況と費用の見積もりを出してもらってから、実際にどう対処するかを決めれば、無駄なコストをかけずに済みますし、買い替えという判断をする材料にもできます。メーカーの補償もなく発売から10年近くたっているような機種の場合は、メーカーで修理するメリットはほとんどありません。まずは修理可能かを見積もってもらい、場合によっては買い替えると判断をするのが良いでしょう。